読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Re:motto開発ブログ

「サービス開発」に特化したリモートワークツール「Re:motto」とオンライン会議効率化ツール「Re:motto Lite」の開発ブログです。

「リモートでチーム開発をしたい!」と思ったときに抑えるべき本5選

チームで開発すること自体が難しいですが、そこに「リモート」という要素が入ってくると、難易度が格段に上がると認識しています。

今回は、リモートワークやチーム開発といったことに対して有用な書籍を紹介したいと思います。

Re:motto開発陣チョイスの5選

私達はRe:mottoの開発を行うにあたり、Re:mottoとGitHubを利用してリモートで開発を行っています。 ただし何の知識もないままリモート開発を行っているわけではなく、前提として「チーム開発体制」と「プロダクトに関する認識」をある程度、共通認識として抑えています。

そんな私達が共通認識を持つ際に役立った書籍を中心に書籍を選定いたしました。

1. Team Geek

Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか

Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか

チーム開発と言えば真っ先に上がるのが、オライリー・ジャパンから出版されている、この名著ですね。

この書籍を読むことで、自分たちはチーム開発を行う際の心構えなどを身に着けました。

この本で紹介されている「HRT」は、チーム開発を行う人であれば絶対に抑えておきたい心構えの一つとなると思います。 ちなみに、Humilit(謙虚)、Respect(尊敬)、Trust(信頼)の頭文字から来ています。

リモートワークか否かにかかわらず、チームで開発を行う人でまだ読んでいない人は是非とも読んで欲しいと思います。

2. チーム開発実践入門

チーム開発実践入門 ~共同作業を円滑に行うツール・メソッド (WEB+DB PRESS plus)

チーム開発実践入門 ~共同作業を円滑に行うツール・メソッド (WEB+DB PRESS plus)

技術評論社から出ている、WEB+DB PRESS plus のシリーズのうちの1つ。

もしGitやCIツールを使わずに、チーム開発をしていて、チーム開発が苦痛になっているのであれば、まず最初はこの本を足掛かりに少しずつ要素を取り入れるべき。

ただし、チーム開発のためのツールのHow to本であることに注意。

3. Running LEAN

Running Lean ―実践リーンスタートアップ (THE LEAN SERIES)

Running Lean ―実践リーンスタートアップ (THE LEAN SERIES)

またしてもオライリー・ジャパンから出版されている本ですね。

こちらの本からの知識で、プロダクトを作る際にMVPを心掛ける様になりました。

MVPとは、「Minimum Value Product」の略で、「実用最小限の製品」と言う和訳が当てられています。

新規のプロダクトを創り出す際の手助けとなる1冊です。

4. スクラム実践入門

スクラム実践入門 ── 成果を生み出すアジャイルな開発プロセス (WEB+DB PRESS plus)

スクラム実践入門 ── 成果を生み出すアジャイルな開発プロセス (WEB+DB PRESS plus)

こちらも技術評論社から出ている、WEB+DB PRESS plus のシリーズのうちの1つ。

チーム開発という言葉をより具体的に表したときの、その一つが「スクラム」に値すると思います。

本書は数あるスクラムの本の中でも、程よい分量スクラムの知識と導入事例をまとめている良書です。

メンバー間で言葉の定義がしっかりしていると、コミュニケーションに齟齬が生まれにくくなるので抑えておくのがベターだと思っています。

5. 強いチームはオフィスを捨てる

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」

Ruby on Rails で有名な、37signalsのジェイソン・フリード氏の著作

「オフィスを捨てる」と有るように、リモートワークの時代が来たこと、リモートワークに対する誤解、 必要なツールなどの内容を取り上げています。

もしリモートワークやリモートで開発をすることに不安や抵抗があるのであれば必見です。

Re:mottoがリモートで開発されている背景には、この書籍からの影響によるところが大きく、 サイドプロジェクトとしてメンバーが無理なく開発を続けることが出来ています。

まとめ

以上が、「リモートでチーム開発をしたい!」と思ったときに抑えるべき本5選となります。

「リモートワークを始めてみよう!」という気持ちだけでは中々難しいと思うので、気持ちの次に必要な知識や知見を是非とも今回挙げた書籍で抑えてみてはいかがでしょうか?


上記の本に馴染みが深く、「リモートで開発出来るならRe:mottoの開発に混ざっても良いかなぁ」と思えた方がいらっしゃいましたら、下記のリンクからお問合せをお願い致します。

https://docs.google.com/forms/d/1Xq9t7I68uXJTm7gDpT6zRfXhyhZzCWNj-IuXamB-f0A

また合わせて、Re:mottoに...な機能が足りない!バグがある!などのお問合せも上記のリンクから受け付けております。